ベクノールとゼファルリンの成分を比較してみた

自分がゼファルリンを試してみて、まず思ったのは、
「ペニス増大にはある程度の時間がかかる」ということです。

よく増大サプリの公式サイトで、
「最大3日で効果を実感」とか書いてあったりしますよね?
あれはちょっと、誇大広告ではないかと思います。

自分は、2ヶ月目まではまったく効果が感じられず、
3ヶ月目になって、ようやく増大をはじめました。

増大サプリは、気長に飲むことが大切だと思います。

さてそのゼファルリンと並び、「ベクノール」も、
増大サプリとしては知られている製品です。

このベクノール、どのような成分が配合されているのかをまとめました。

成長ホルモンリリーサー

ゼファルリンを初めとして、最近の増大サプリメントにはどれも、
「L-シトルリン」が配合されているようです。

L-シトルリンには、成長ホルモンを分泌させる作用があり、
これがペニスを成長させる鍵になるみたいです。

ベクノールにも、もちろんシトルリンは配合されています。
L-シトルリンについては、以前にこちらのページでも書いたので参考にして下さい。

でもシトルリンだけでなく、その他の成分を効果的に配合することにより、
成長ホルモンがより多く分泌されることを目指しているみたいです。

この組み合わせを「成長ホルモンリリーサー」と呼んでいて、
実際の成分は、次のようなものになるようです。

シトルリン、アルギニン、オルチニン、トリプトファン、グルタミン、グリシン、
ビタミンB6、亜鉛、ナイアシン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ビタミンC

このうち、シトルリン、アルギニン、オルチニン、トリプトファン、などは、
ゼファルリンとも共通した成分です。

勃起力とスタミナを増大する成分

さらにベクノールには、勃起力とスタミナを増大する成分が含まれているとのこと。
増大と合わせて、ペニスの力を総合的に発揮することを目指しているようです。

勃起力とスタミナを増大する成分は、次のようなものになるようです。

オクタコサノール

植物油に微量に含まれている、天然の物質だそうです。
エネルギーを放出する能力があるのだとか。

ピクノジェノール

ピクノジェノールは、フランス海岸松の樹皮から抽出される成分だとのこと。
抗酸化作用が、やはり抗酸化作用が強いとして知られている、
ビタミンCやEより強いのだとか。

フラボノイド特性を持つ、「現代最強の抗酸化物質」なのだそうです。

ベクノールには、成長ホルモンリリーサーと、
この勃起力とスタミナを増大する成分が、「黄金比率」で配合されているそうです。

それにより、増大効果が高まるということみたいです。