ペニス増大サプリの成分はシトルリンが効果大!

ゼファルリンを始めとして最近のペニス増大サプリはほとんどに、
L-シトルリンが配合されています。

2007年にサプリへの使用が認可になったこのシトルリンが、
ペニス増大効果の大きなポイントみたいです。

2007年にサプリへの使用が認可になったシトルリン

シトルリンは、元々日本で発見されたそうです。
スイカに含まれる成分で、
以前はは厚労省は医薬品としてのみ認可していたとのことです。

シトルリンは、

  • 血流を促進する
  • 成長ホルモンの分泌を促す

などの効能があるとのこと。
冷え性などの治療薬として使われていたそうです。

ところがこれが2007年になり、サプリとしての使用が認可されました。
そこで様々なサプリにシトルリンが使われるようになったわけですが、
その一つがペニス増大サプリだったわけです。

シトルリンが使われるようになる以前は、
ペニス増大サプリは怪しげなものも多かったとのことです。

ところがシトルリンが配合されるようになり、
現在ではほとんどの増大サプリが、それなりの効果があるようになっているみたいです。

ペニスを活性化させ増大のきっかけを作るシトルリン

シトルリンは、その効能である血流促進と成長ホルモン分泌により、
ペニスを活性化させ、ペニス増大のきっかけを作るそうです。

ペニスは思春期には大きくなりますが、それを過ぎると成長が止まりますよね?
成長が止まるのは、成長ホルモンの分泌が止まるからみたいです。

要は成長ホルモンを再び分泌させてやれば、ペニスはまた成長を始めるそうで、
その役割をシトルリンが果たしているようです。

栄養成分ももちろん必要

ただしシトルリンがペニスを活性化させるといっても、
シトルリンだけではペニスは大きくならないそうです。
その他に、やはり栄養成分がなくてはならないみたいです。

成長ホルモンが分泌されると、ペニスの海綿体細胞が分裂・増殖を始めるそうです。
細胞が増殖するためには、そのための栄養成分が必要ですよね?

増大サプリには、それぞれで異なる栄養成分が配合されています。
どのような栄養成分が配合されるかで、ペニス増大の効果は変わるとのこと、
これが増大サプリメーカーの腕の見せどころになるようです。