ペニスが小さいことのデメリットは?

ペニスが小さいことは、色んなデメリットがあると思います。
どんなデメリットがあるのかをここで上げてみました。

コンプレックスを持ってしまう

ペニスが小さいと、どうしてもコンプレクスを持ってしまうことになると思います。
お風呂屋さんなどでも、前を隠さないと歩けなかったりしますよね。

あとやはり辛いのは、女の子とセックスするとき。
「笑われるんじゃないか」と思うと、女の子にペニスを見せられません。

ペニスはやはり、大きい方がいいに決まっていますよね?

なのでペニスが小さい自分を責め、
「やっぱりオレはダメな人間なのではないか?」
などと思ってしまうこともあると思います。

コンプレックスは、生活の様々な場所に影響を及ぼすと思います。
女の子とのつき合いに消極的になるのはもちろん、仕事にも差し障りが出てきかねません。

この「コンプレックス」が、ペニスが小さい子との第一のデメリットだと思います。

女の子をきちんと感じさせられない

それからペニスが小さいことのデメリットとして大きいのは、
ペニスが小さいと、女の子をきちんと感じさせられないこと。

ペニスが小さいと、女の子の「最大の性感帯」に、ペニスが届かないのだそうです。

女の子の性感帯には、耳やうなじとか、乳首とか、クリトリスとか、色々ありますよね?
中でも特に快感が強いのが、「Pスポット」と呼ばれる場所なのだとか。

Pスポットは、膣の一番奥、子宮の入り口のところにあるそうです。
ここをペニスの先で刺激されると、女の子は気を失いそうな快感を覚えるそうです。

ところでこのPスポット、膣の一番奥にありますので、
ペニスがそこまで届かなくてはなりませんよね?

膣の長さは、日本人の平均で10センチ位だとのこと。
そうすると、最低でも12センチはペニスがないと、
ペニスはPスポットに届かないことになるわけです。

なのでペニスが小さい人は、この女の子最大の性感帯を、刺激できないことになります。
女の子を気持ちよくしてあげられないのは、男としてはやはり寂しいですよね。

女の子にモテない

ペニスが小さい男性は、女の子にモテないそうです。
それはやっぱり、ペニスが小さいと、セックスしても気持ちよくならないからなのだとか。

それはそうですよね、男だって、セックスは気持ちいい方がいいと思います。
女の子もおなじなわけで、セックスしても気持ちよくならないなら、
欲求不満が溜まってしまうことになりますよね?

なのでペニスが小さい男性は、
女の子とつき合ってもすぐに別れてしまうことが多いとか。

離婚の原因も、「性格の不一致」とかいいますが、
実はご主人のペニスが小さいことが多いそうです。

さらに女の子は、まだセックスしていない男性でも、
無意識にペニスが大きそうな男性を好む傾向があるのだとか。

女の子って、背が高い男性が好きな子が多いですよね?

これは、
「背が高い男性はペニスが大きいことも多い」
ということを無意識に感知している結果だと、
アメリカの研究で明らかになっているそうです。

ペニスはぜひ増大しよう!

以上のように、ペニスが小さいことにはかなり深刻なデメリットがあると思います。
ゼファルリンなどの増大サプリを使ってペニスを増大するのはおすすめです。