バリテインとゼファルリンの成分を比較してみた

「増大サプリにほんとに効果があるの?」
と思う人は、多いのではないでしょうか?

自分も以前は、たしかにそう思っていました。
でも、シトルリンが2007年に解禁になってから、
増大サプリの効果は大きく上がったみたいです。
そのあたりの事情については、こちらを参照

さらに増大サプリメーカー各社は、シトルリン以外の成分の配合を工夫して、
増大効果を高める努力をしているようです。

そこでここでは、増大サプリ「バリテイン」と、
ゼファルリンの成分を比較してみました。

バリテインは115種類の成分を配合

バリテインは、115種類の成分が配合されているのだとか。
ゼファルリンは、「30種類以上」ですから、ざっと3倍以上になるわけですよね?

この成分の豊富さが、バリテインの特徴といえるかと思います。

ただし、成分が多くても、価格はゼファルリンと変わりません。
なので1成分あたりの配合量が少ない可能性がありますよね?

なので効果が、必ずしもゼファルリンより高いとは限らないと思います。

バリテインの成分は、

  • 5大成分
  • それ以外の有効成分
  • 86種類の野草発酵エキス

の3種類にわけられるみたいです。

5大成分

5大成分は、

  • L-シトルリン
  • L-アルギニン
  • L-オルチニン
  • L-トリプトファン
  • 亜鉛

です。

これらはいずれも、ゼファルリンにも含まれていると思います。

シトルリンは血行促進を、アルギニンとオルチニンは成長ホルモン分泌促進、
トリプトファンは自律神経の安定を、それぞれ担っているとのこと。

亜鉛は「セックスミネラル」と呼ばれることもあるそうで、
精子の生成や性欲を高める作用があるそうです。

それ以外の有効成分

バリテインには、上記5大成分の他に、

トナカイ角、豚プラセンタ、馬睾丸、マムシ、すっぽん、タツノオトシゴ、鯉胆、
うなぎ、サソリ、サメ肝油、鮭白子、しじみ、牡蠣肉

などなど、100種類の成分が含まれているそうです。
成分は、ゼファルリンと共通するものも多いです。

86種類の野草発酵エキス

これは、115種類の成分の他に、含まれているとのこと。

  • 消化・吸収促進血液をサラサラにする
  • 新陳代謝を促進する
  • 免疫力をアップする
  • 細胞活性を高める。

などの効果があるそうです。