ヴィトックスαとゼファルリンの成分を比較してみた

増大サプリメントにも、色々な種類があるみたいです。

メイン成分は、いずれのサプリも「シトルリン」。
サプリメーカー各社は、そこに配合するその他成分を工夫することにより、
増大効果を高める工夫をしているようです。

ゼファルリンは、「30種類以上の天然成分」が含まれていますよね?
それに対して、やはり増大サプリ「ヴィトックスα」は、
100種類以上の成分が配合されているそうです。

「100種類以上の成分を配合する」のは、一つのブームにもなっているみたいです。

でも成分の数が多ければ、それだけ増大効果が高いのかといえば、
必ずしもそうではないとか。
やはりサプリは、口コミなどを見ながら、慎重に選ぶ必要があると思います。

ここではその、ヴィトックスαの成分について、紹介したいと思います。

厳選した天然成分

まずヴィトックスαの全身「ヴィトックス」にもともと配合されていたのは、

  • シトルリン
  • アルギニン
  • 亜鉛
  • ガラナ
  • マカパウダー
  • 赤ガオクルア

なのだそうです。
これらはいずれも、ゼファルリンにも配合されているものです。

シトルリンは血行促進、アルギニンは成長ホルモン分泌促進、亜鉛は性欲増大に、
それぞれ効果があるようです。

ガラナ、マカパウダー、赤ガオクルアは、いずれも勃起力を高めるそうです。

100種類以上の成分を追加で配合

さらに上の成分に、ヴィトックスαには、
100種類以上の成分が追加で配合してあるとのこと。

  • 動物系・・・馬睾丸、クジラエキス、トナカイ角など
  • 植物系・・・トンカットアリ、ムクナ、ヒハツなど
  • ミネラル系・・・オルチニン、ヨウ素、セレンなど

の、3系統に分けられるとのことです。

レスベラトロールを緊急配合

これらの成分に加え、ヴィトックスαには、
「レスベラトロール」が緊急配合されているとか。

レスベラトロールはポリフェノールの一種で、長寿遺伝子を活性化させるそうです。
細胞の若返りに効果があるみたいです。